« 2010年9月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年1月

X-TRAIL 20GT DNT31 トラブル発生の後日談(?)

あけましておめでとうございます......って、遅っw
前回の投稿以来〜年末年始とゆっくり休めた様な、休めなかった様な感じで なんだか疲れまくってますが まだ、生存しております。(^^;;

前回の記事が9月末なので あっという間の3ケ月でしたが 愛車のエクストレイル 20GT DNT31(マイナーチェンジ前)のトラブルは10月ひと月の間はあまり発生せず11月に多発し始めました。さすがに原因が特定できていない状況では危険性が高いと思い、ディーラーのメカニック担当へ直接相談しました。

平日の昼休みでしたが会社からディーラーが近いので速攻で来てもらい、原因解析。
前回の投稿にコメントしていただきました まちゃまちゃ様と同じ クラッチのセンサースイッチが原因と判明。
そのまま、緊急入院し、お店にストックしてあった部品と交換で修理完了!

このセンサースイッチは、AT車のブレーキペダルと同じ部品だそうです。踏まないとイグニッションがかからない部分と言う意味でも同じですね。うんうん( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _そうそう

愛車帰還時にメカニック担当と話した時に、細かな原因や状態を聞きました。
交換したセンサースイッチは、通常では考えられない状態で グリスが多量に入れられており、そのグリスがモリブデン系(?)で通電性があるので センサーの動作時に通電し、ショート!→焼けこげて、可動性が劣化していたようです。
その時は、これで完治だと安心しており「部品のロット不良だと同時期に生産したエクストレイルや他の車種でもトラブル出そうだねぇ。」なんて軽〜い話をしてました。┐(´-`)┌

しかし、問題は解決してませんでした。Σ(゚д゚;)
その夜、会社から帰ろうとイグニッションを.....かからん。
でも、昼間の状況を見ていたのでクラッチのスイッチを指で確認し、ガシガシ押しまくってイグニッションを回したらエンジン始動!

また、スイッチ不良か!? とりあえず、夜も遅く、ディーラーも閉店後だったので対応策が判っているだけ 今までより良しと思い、翌日ディーラーへ再度連絡。
速攻入院で、夕方帰還。さて、その原因とは....

クラッチのセンサースイッチに接続するコネクタに原因がもう1つありました。
コネクタの配線の圧着金具がきちんとかしめられておらず、配線が抜けかけていた状態だった様です。
もちろんこれも、ロット不良の可能性が....(ノ∀`) アチャー

とりあえず、この2点を修繕した結果、今日まで快調です。(* ̄0 ̄)ノ
総走行距離:12,500km弱、総平均燃費:12.4km/L(満タン法)です。
今年こそは! ノートラブルで楽しい報告が出来る1年でありますように。( ̄人 ̄) オ・ネ・ガ・イ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年9月 »